宮城県環整協
宮城県環境整備事業協同組合

環境整備情報

宮城県では平成17年4月1日から産業廃棄物税を導入します。


 宮城県では、産業廃棄物の発生の抑制とリサイクルの推進を経済的に支援し「循環型社会」の形成を図っていくため、産業廃棄物税を導入します。
 産業廃棄物を排出する企業や関係団体をはじめ県民の皆様のご理解とご協力をお願いします。


■産業廃棄物税の概要

(1) 課税対象
県内における産業廃棄物の最終処分場への搬入
(2) 納税義務者
排出事業者(中間処理業者を含む。)
(3) 税率
産業廃棄物の最終処分場への搬入重量1トンにつき1,000円
(4) 徴収方法
最終処分業者による特別徴収
(ただし,自社処分の場合は、排出事業者による申告納付。)
3か月ごとの申告納入(納付)
排出事業者(納税義務者) 排出事業者
産業廃棄物税相当額
産業廃棄物税 中間処理業者(納税義務者)
産業廃棄物税
最終処分業者(特別徴収義務者)
3ヶ月ごとの申告納入
宮城県
産業廃棄物発生抑制等への支援策の実施

宮城県産業廃棄物税Q&A

Q1産業廃棄物とは何ですか?

A 事業活動に伴って生じた廃棄物で、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で定められた燃え殻、汚泥、廃プラスチック類、がれき類などの廃棄物のことです。
 なお、一般家庭などから生じる一般廃棄物には、産業廃棄物税は課税されません。

Q2県外の排出事業者も課税されるのですか?

A 県内の最終処分場へ産業廃棄物を搬入する排出事業者又は中間処理業者は、県内、県外を問わず、すべて課税されます。

Q3どのようにして納めるのですか?

A 排出事業者又は中間処理業者が産業廃棄物を最終処分場に搬入したときに、最終処分業者が処分料金と併せて産業廃棄物税を徴収し、3ヶ月分をまとめて県(県税事務所)に申告し、納めることになります。
 なお、中間処理業者が支払う税については、中間処理料金に税相当額を上乗せすることにより、排出事業者に転嫁されることになります。

Q4排出事業者が自ら産業廃棄物を最終(埋立)処分する場合はどうなるのですか?

A 排出事業者が自ら毎月分の産業廃棄物税の税額を計算して、3ヶ月分をまとめて県(県税事務所)に直接申告納付することになります。

Q5産業廃棄物の重量が分からない場合はどうするのですか?

A 産業廃棄物税は重量を基に納税しますので、重量での計測が困難な場合には、条例の施行規則で定めた方法で、容量を重量に換算し納税します。

Q6排出した産業廃棄物をリサイクルする場合はどうなるのですか?

A 産業廃棄物税は産業廃棄物を最終処分場に搬入した時点で、その搬入量に応じて課税されますので、リサイクルされる産業廃棄物には課税されません。

Q7中間処理施設に産業廃棄物を搬入したときは課税されるのですか?

A 中間処理業者に処理を委託する方は納税義務を負いませんが、中間処理業者が処理後の残さ等を県内の最終処分場に搬入する場合には課税されることになりますので、処理料金に税相当分を上乗せしたかたちで転嫁されることになります。

Q8産業廃棄物税は、いつから課税されるのですか?

A 平成17年4月1日以降、県内の最終処分場へ産業廃棄物を搬入する場合に課税されます。

Q9税収は何に使うのですか?

A 産業廃棄物の発生抑制やリサイクルを推進するための技術開発や企業のゼロエミッションに向けた取り組みに対する支援のほか、県内におけるリサイクルを推進するために不可欠な環境・リサイクル産業の育成・振興に活用します。また、不法投棄等不適正処理の監視体制を充実強化します。


問い合わせ先

〒980-8570 仙台市青葉区本町3−8−1
○産業廃棄物税に関すること
宮城県総務部税務課
TEL 022-211-2324
E-mail:zeimu@pref.miyagi.jp
○産業廃棄物税の使途に関すること
宮城県環境生活部資源循環推進課
TEL 022-211-2656
E-mail:sigen@pref.miyagi.jp

Copyright(C) 2002 by 宮城県環境整備事業協同組合, all rights reserved.
宮城県仙台市若林区三本塚字荒谷85番地
TEL : 022-289-5381/FAX : 022-289-5381